小学校からプログラミングがなぜ必要なのか?!2020年度から必須

プログラミング学習

小学校からプログラミングがなぜ必要なの?

2020年4月より小学校でプログラミングを学習することが必須化されました。

なぜ、小学校からプログラミングが必要なのかというと、

論理的な思考力

問題の解決力

創造力

コミュニケーション力

プレゼンテーション力」を養うためです。

では、これら5つの事柄について小学生から学ぶのはどうしてなのか。

中学生や高校生、もしくは大人になってからでもいいのではないかと思うところです。

なぜプログラミングを学習すると5つの力が養われるかを解説します。

迫りくる情報化社会に不足している人材を育成

小学生からプログラミング学習を取り入れる理由に、

  • 情報化社会に対応した人材の不足
  • あらゆる産業で情報化技術が必要な時代が来る
  • 未来の社会に適応できる人材の育成

この3つを解決・解消するために、次の5つ「論理的な思考力」「問題の解決力」「創造力」「コミュニケーション力」「プレゼンテーション力」が必要になります。

これこそが、プログラミング学習を小学生から必須化した最大の理由です。

情報化社会に対応した人材って?

まず、情報化社会って何だろうと?

抽象的で漠然としていて、なんとなくわかるようで実はわかりません。

情報化社会を、できるだけ簡単に言うと、インターネットをはじめとして、世の中には様々な情報が飛び交っています。

これらの情報を集め整理・伝達し、世の中が発展していく社会です。

その基礎となるITリテラシー(通信・ネットワーク・セキュリティ)、情報リテラシー(いろいろな情報から正しい情報を選び抜く)の能力を伸ばし活躍する人材を育てるために、プログラミング教育を行います

 情報化技術が必要な時代

今後はどのような仕事でも情報やIT技術・機器を利用せざるを得なくなります。

基礎的な知識がなければ、情報を正しく選択することも、IT機器も使いこなすことができなくなります。

目まぐるしく変化していく世の中の状況に対応するためには、出来るだけ早く基礎を学んで、社会人になるころには、知識や技術を習得して使いこなせるようになっていることが求められます。

特に2019年の終わりごろから目立ちだした新型コロナウィルスは、瞬く間に世界中に広がりました。

その影響は甚大で、世界経済に影響を及ぼし生活スタイルまで一変させてしまいました。

テレワークやオンライン授業など聞いたことはあっても、まさか自分や自分の子供までが、この環境下で生活しなければならなくなりました。

人と直接会わなくても仕事を進めていくことも可能だという事が証明されました。

ただし、慣れるまでに時間もかかりましたし、未だに抵抗感を抱く人がいるのも事実です。

オンライン学習も、今は一方通行な感じも受けます。

先生が話す姿を見る画面と、先生が話した内容を調べようとすると、もう一つ画面が欲しいと感じたり、まだまだ改善の余地もあります。

こうした、細かな問題点を改善していくことで、出来ないと思っていたことや不便と感じていたことができるようになっていくんです。

未来に適応できる人材の育成

そう遠くない未来に、今の職業がそのまま存在する保証はありません。

AI技術により、人間にとって変わってIT技術により、人間が行わなくても仕事が成立してしまうかもしれません。

いずれやってくる、そのような世界になると、今まで存在しなかった仕事が生まれているかもしれません。

IT技術を使ったドローン操縦士やデータサイエンティスなど、IT技術があるからこそ生まれた仕事と言えます。

そういった未来に適応できる人材を育成するためにもプログラミング教育が必要なんです。

モノづくり大国日本と言われてきましたが、それも今は昔です。

海外の安い労働力に敗れ、高スペックな製品は価格が高くなり海外では敬遠され、家電などは中国や韓国製などに押されて、今や日本製を見つける方が大変な時代。

じゃ、どうすればいいのかというと、

  • 1人が1つの会社に縛られずに仕事をする
  • 5人で回していたライン生産を2人でできるようにロボットやAIを活用
  • 同じシステムを異なる仕事で併用できるような仕組み

こういった事を実行していかないと、いつか立ちいかなくなる日がやってきます。

そのためにも、IT技術・知識を早くから身に付けるための手段としてプログラミングが叫ばれています。

どうして「論理的な思考力」はプログラミング学習で養われるのか

プログラム作成をするという事は、様々な力が必要になります。

作成するために、何が問題でどう解決するか?

また作成後にどのように使ってもらうかを正確に伝える必要があります。

さらに使う過程で見つかる問題点を解決していく・・。

プログラムを作成すると言っても、プログラミングスキルだけではなく「論理的思考力・問題解決力・創造力・コミュニケーション力・プレゼンテーション力」が必要になります。

これらを小学生のころから繰り返し練習することで養われていきます。

養われた力は、それ以降の生活で役立っていきます。

例えば、中学受験を考えたときに、ただひたすら勉強すれば合格するというわけではありません。入学したい中学校の学力により、お子様の学力レベルから

“何が足りていないか?”(問題点)、“足りない部分をどう補うか”(創造力)、

“面接試験対策”(コミュニケーション力/プレゼン力)、これらを、受験日までに

レベルアップさせるにはどうすればよいか(論理的思考力)を考えていかなければ

なりません。

もちろん親子で一緒になって、考えて動かなければなりません。

プログラミング的な思考力はどのような時でも必要になってきます。

何も考えずに言われたことだけやっていては、生きていくうえで“何か”が起きたとき、

その“何か”を解決するために、問題を論理的に解決する力が必要になります。

<問題を解決するのに論理的思考力が必要なワケ>

生きていくうえで、様々な問題や課題に直面します。そのままにしておくと、問題や

課題は大きくなるばかりで何も解決しません。

問題や課題を解決するには、問題の本質と向き合い、どうすれば解決できるか。

解決に至る手順はどうするのか?

  1. 問題を整理する
  2. 解決の道筋(順番)を組み立てる
  3. 組み立てたとおりに解決もしくは説明ができる

物事を順序だてて考える力こそ、論理的思考力と言えます。

行き当たりばったりな事をしていては、解決するどころかさらに問題がややこしくなってしまう恐れもあります。

論理的思考力を身につけ定着化させる練習方法の一つがプログラミング学習だとお考え下さい。

決してプログラマーやシステムエンジニアになるために学習するわけではありません。もちろん、エンジニアなるためでも構いません。

子供のうちは、直感的に思いのままに遊んだりすることは非常に大事なことです。

大きくなるにしたがい、物事を考える機会がふえてきます。

それに伴い周りに考えを伝えたり、共有したりする場面が増えてきます。