小学生のプログラミング学習に最適な言語はどれ?

いよいよ小学生のプログラミング学習が必須化されました。ただし、学習内容等は学校の裁量にお任せする状況です。

担当する先生によって、プログラミングの習熟度が異なれば、授業を受ける側の子供たちにも大きな影響が懸念されます。

でも、学校や先生が悪いわけでもありません。なぜなら、先生自体が、そういった教育を受けてきていないので手探りな状態だと言えます。

そこで、プログラミング学習に興味をお持ちのお子さんをお持ちの親御さんに、親子で学べて理解できる簡単なプログラミング言語をご紹介します。

参考にしてみて下さい。

ビジュアルプログラミングで楽しく学ぶ

小学生低学年からプログラミング学習するなら、出来るだけ簡単に学べる言語がいいですよね。最適な学習言語は「ビジュアルプログラミング言語」になります。

「ビジュアルプログラミング言語」というのは、直感的視覚的な操作でプログラミングが可能な言語です。

パソコンの前で、何やら英語のような文字をキーボードに打ち込むイメージでは全くありませんので、楽しく学習できます。

今回は、小学生低学年向けのプログラミング学習言語を3つ紹介します。

スクラッチ 世界で最も親しまれている子供向けプログラミング学習言語

スクラッチは、8歳から16歳向けのビジュアルプログラミング言語で、直感的に操作ができるのでプログラミングの入門として最適な言語です。

Scratch財団とアメリカのマサチューセッツ工科大学のメディアラボ ライフロングキンダーガーデングループが子供をターゲットにした無料の学習言語として開発されました。

スクラッチは、全世界の登録ユーザー数は約5900万人、日本はその1%の65万人(2020年9月現在)も登録ユーザーがいます。

「動かす」や「音を鳴らす」や「10歩進む」など命令のブロックを組み合わせることで、オリジナルのゲームやアニメを作ることができます。

そのため、小学生低学年からでも十分に学べる言語となっています。

さらに幼少のお子さんに学習させたい場合はスクラッチJr.もあります。

ビジュアルでプログラミンが可能なので、親子で遊び感覚で学ぶことができます。

低学年までのお子さんは、楽しみながらプログラミングの基礎を学ぶことが、最も大事なこと事だと言えます。それを実現できるのがスクラッチだと言えます。

VISCUIT(ビスケット)NTTで開発!

名前が可愛いプログラミング言語のVISCUIT(ビスケット)。「メガネ」と名付けられた仕組みを一つだけ使い、単純なプログラムから複雑なものまで作成でき無料で使えます。

この言語は、「コンピュータに何をさせるか」を前提としているので高度なことも可能です。

また、ビスケットは自分で描いた絵を動かしながらプログラミングできることです。こちらもプログラミンング学習教室での採用率はスクラッチ同様高いです。

Blockly(ブロックリー)

ブロックリーはGoogleが開発したビジュアルプログラミング言語です。ただし日本語に対応しているアプリは3種類と少ないですが、こちらもゲーム感覚で学べる言語です。

幼少および小学生低学年から始めるなら、出来るだけ直感的視覚的で遊び感覚があり、親子で学べるようなプログラミング言語から始めてみましょう。