子どもにおすすめ!ロボットプログラミング教材を解説・比較

子どもにおすすめ!ロボットプログラミング教材を解説・比較

子どもがロボットを使ったプログラミングをやってみたい!

子どもにプログラミングを学ばせたい!

ロボットプログラミングはどれがいいの?

プログラミング学習には、大きく分けて2つあります。

子ども向けのプログラミング言語を使うものと、パーツを組み合わせプログラミングで動作させるものがあります。

前者は実体がなく子ども自身がプログラミングツールの中で創出しながら、動きを考えます。

ゲームや物語を作ることができます。

後者は実体を組み立てて、その実体=ロボットに動きをプログラミングで加えていきます。

ロボットプログラミングは、子どもの目の前にロボットがあるので、”どんなふうに””どうやって”動かすのかわかりやすくプログラミングを学ぶことができます。

さらに、自宅で学習できる教材が豊富にあるので繰り返し学ぶことができます。

ただし、教材費は安くはありません。結構高い教材もあります。

この記事では、”どんな教材があるの”・”価格はどのくらいなの”などロボットプログラミングを学ぶ前に知っておきたいことを詳しく解説!

また、自身の子どもの体験もお伝えします。

ロボットプログラミング 具体的に何ができるの?

まず初めにロボットプログラミングについて説明します。

ロボット教材とプログラミングが一緒になったツールです。

ロボット教材を組み立てて、ロボットを操作するプログラミングを行います。

パソコンやスマホでプログラミングを学ぶことはできますが、作ったロボットを自分が作ったプログラムで動作する(=結果がわかる)環境は、モノを作り出す工程を学べるいい機会ですよ。

ロボットプログラミングのメリット

ロボットプログラミングのメリットですが、一番のメリットは”作る楽しさが目に見える”ところです。

ロボットを作る段階で、”どうやって動くのか”・”プログラミングをするとどんなふうに動くのか”、想像することができます。

たぶんロボットを作るときもプログラミングも失敗するはず。でも、それがいいんです。

失敗を繰り返しながら、出来るまで取り組める。

どうして?どこがだめなの?と、考えることがとても大事な作業なんです。

ロボットの組み立ても、ロボットの動作を支持するプログラミングも、すべて手順があります。

この手順を学ぶことで、プログラミングがどういうものなのかを理解できるようになります。

これが最大にメリットです。

たとえ、将来子どもがIT関連とは全く関係のない仕事に就いても、仕事を進めるプロセスはプログラミングと同じように手順があります。

物事にはプロセスがあり、そのプロセスを間違えるとおのずと間違った結果になります。

でも、どこに間違いがあるかを検証して正せば、正しい結果を導き出せます。

これが、プログラミング学習を小学校から必須化した本当に理由のように思えます。

ロボットプログラミングのデメリット

高い!

教材費が高い!

安いのもあるけど、数万円もするものもあります。

購入には躊躇してしまうお値段の教材もあります。

奮発して購入したけど、途中で飽きちゃったらどうしようと思うのが親の気持ち。

困ったときに直接サポートしてくれる人がいない

自宅で出来るけど教えてくれる人がいない=困ったときのサポートがない

「こんなに高いならあきらめよう」って思うかもしれません。

でも、安い教材もあるのでそちらを参考にしてみて下さい。

心配なら安価な教材をお勧めします。

繋がらない!

ロボットとアプリをBluetoothで繋ぐのですが、端末によっては繋がったり繋がらなかったりすることもあります。

公式サイトなどで事前に確認しておくことをお勧めします。

我が家では、このあと紹介する安価な教材(人によってはおもちゃと言うかもしれませんが)を紹介します。

安めの教材ですが、我が家の子どもは幼稚園から高校生まで、何かしら作っていました。

おすすめのロボットプログラミング教材

こちらではおすすめのロボットプログラミング教材を価格の高い順とほとんどの方が知っているメーカーが製造したロボットを解説します。

ソニー KOOV(クーブ) ロボット・プログラミング学習キット アドバンスキット EKV-200A

あのソニーが作った高価なロボットプログラミングです。

価格:希望小売価格54,868円(税込)と、かなり高額な教材です。

内容はブロックと電子パーツでロボットを作り、アプリからプログラムを転送するとロボットが動くようになるキットですね。

対象年齢は、8歳以上(5歳、6歳からでも親御さんと一緒ならいけます)

学習のためのステップは次の通りです。

  1. キットを購入
  2. メンバー登録をする
  3. アプリをインストール
  4. ロボットを組み立てる
  5. 24ステージ 75ミッションのコンテンツで学ぶ

ロボットを組み立てる方法も3Dで分かりやすい説明があります。

このブロックとあのブロックをつなぎ、さらにこのブロックをつないで・・・、と言う感じで5歳の子どもでもわかりやすく組み立てられるようになっています。

3Dでの説明は、口頭で説明するよりもイメージがそのまま頭に入ってくるので本当にわかりやすいですね。

面倒な箇所ってあるじゃないですか。

例えば、可動部分の組み立ては大人でも「あれ?」となってしまうところを、立体的な説明なので、使うブロックも迷わずに組み立てられます。

ただ、組み立てるパーツにもよりますがコード類などを接続することもあり大人の手助けが必要になります。短いコードはさすがに小さい子どもには無理かもしれませんので、見守りながら一緒に組み立てて下さい。

子どもは一度見れば、大抵は出来るようになるし、やりたいという気持ちが強ければ、そっと見守っておくのがいいです!

アドバンスキット EKV-200A学習キットの中身は?

ここで紹介するアドバンスキットの中身は次の通りです。

  • ピース(ブロックと付属パーツ)=302個
  • 電子パーツ(コアを含む)=24個
  • 学習コース=4つ
  • ロボットレシピ=31種類(順次拡充予定だそうです)

ブロックと電子パーツの全種類をそろえたオールインワンですね。

ラーメン屋さんで言うところの「全部乗せ」みたいなやつです。

これ以外に組み立てに必要なものは「単三の電池3本」「プラスドライバー」になります。

電池はアルカリの方がいいですね。

ドライバーは8本くらい入ってるセットになってるので問題ないです。

電動ドライバーはやめときましょう。パワーが強すぎてパーツを壊してしまう可能性が大!

中身と組み立てに必要なドライバーや電池ですが、実際に動くようにするためにアプリが必要になります。

KOOV(クーブ) アプリとは

KOOV(クーブ)を動作させるために必要なものがアプリです。

アプリを利用するにはどんな環境が必要なのか

アプリをどうさせる環境は次の通りです。

以下はKOOVのヘルプセンターより引用しています。

Windowsの場合:Windows8.1/Windows10の64bit版がご利用いただけます。32bit版では動作しないことにご注意ください。なお最新のWindows Updateが適用されている必要があります。Bluetooth®による接続はWindows10にのみ対応しています。Windowsデバイスの推奨スペックは CPU:2.1GHz以上の64bitプロセッサ 、メインメモリ:4GB、グラフィック:WebGL対応、ハードディスク空き容量:250MBとなります。画面解像度は 1,280 x 960 ピクセル以上を推奨します。

macOSの場合:10.14以降がご利用いただけます。アップル社の新しい「Apple M1チップ搭載Mac」への対応については、現在動作確認を進めております。動作確認前の製品についての動作保証は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

iPadの場合:iOS 12または iPadOS 13以降が動作する iPad 5th 以降 / iPad Air 2 以降 / iPad mini 4 以降 / iPad Pro 全機種がご利用いただけます。ただし、Bluetooth®を利用した接続のみに対応します。 USB を用いたKOOVコア(本体)との接続を行うことはできません。お使いの iPad のモデル情報の識別方法はこちらをご参照ください。

Chromebookの場合:Chrome OS の64bit版がご利用いただけます。32bit版では動作しないことにご注意ください。なお最新版のOSを利用する必要があります。Chromebook デバイスの推奨スペックは CPU:2.1GHz以上のインテル64bitプロセッサ 、メインメモリ:4GB、グラフィック:WebGL対応、となります。画面解像度は 1,280 x 960 ピクセル以上を推奨します。

ただし、すべての要件を満たしていてもアプリの動作は保証しないということです。

ですので、購入前にアプリが動作するか確認しておくといいですよ。

windowsOSの場合、32Bit版だと動作しないので注意が必要です。

確認方法は、スタートボタンを押すと⚙(歯車のマーク)が出てくるので、マウスを移動させます。

設定と表示されたらクリックしましょう。

システムと言うところをクリックしましょう。

次に、左側にバージョン情報もしくは詳細情報があるのでクリック

右側にシステムの種類を見ると64Bit版か32Bit版かわかります。

Bluetoohの利用は「macOS」もしくは「iPad」だけです。

windowsOSはwindows10のみとなります。

推奨ブラウザは、windowsOS・macOS・iPad・AndroidともにChromeが共通です。

Chromeが無難ですね。

レゴ(LEGO) ブースト レゴブースト クリエイティブ・ボックス

ブロックで有名なレゴ(LEGO)社のロボットプログラミング教材です。

レゴ(LEGO)が教育向けに出しているプログラミング学習用の教材にレゴ マインドストーム」シリーズと、低年齢向けの「レゴ WeDo」シリーズが有名なんですが、教育機関向けなので一般には入手が難しい教材です。

今回紹介する教材は、Amazonや玩具を取り扱っている小売店で入手できる個人(コンシューマ)向けの教材です。

価格:レゴ(LEGO)の公式サイトで¥19,980-(送料無料)

初めてレゴ(LEGO)を手にされる方は、もしかすると箱の大きさにビックリするかもしれません。

サイズ:54 x 9.1 x 28.2 cm 1.38 Kg

対象年齢は7歳から12歳までです。

でも、5歳くらいから組み立てることは可能です。もちろん親御さんの手助けも必要です。

レゴ(LEGO) ブースト レゴブースト クリエイティブ・ボックスの中身は?

レゴブースト クリエイティブ・ボックスに入っているパーツは全部で847個!

たくさんあるブロックの心臓部がBOOSTブロックと呼ばれる「ムーブハブ」、「カラー&距離センサー」、「外部モーター」で構成されています。

組み立てられるロボットは5種類になります。

  • ロボットのバーニー10インチ(27cm)
  • 猫のフランキーは6インチ(17cm)
  • M.T.R.4 は高さ4インチ(12cm)、長さ9インチ(23cm)、幅は5インチ(14cm)
  • Guitar4000の高さは 1インチ(5cm)、長さ16インチ(42cm)、幅は5インチ(15cm)
  • オートビルダーは高さ10インチ(27cm)

レゴ(LEGO) ブーストは説明書が入っていない!

組み立てるための説明書は入っていません。

アプリを観ながら組み立てていきます。

そのため、パソコンかタブレットが必要になります。

スマホでもできますが、画面が小さいので見ずらいです。

ブロックを組み立てながら作業するのでタブレットがお勧めです。

タブレットに表示される説明は直感的な説明なので、子どもがみてもわかるようになっています。

このように、説明書に文字がなく”どんなブロックを”・”どのブロックと組み合わせるか”が見ればわかるようになっています。

必要なブロックが、どれになるかもわかるようになっています。

847個のブロックはあらかじめ11の袋に分けてあります。

説明書には、どの袋のブロックを使うかが左上に描かれているので迷うことなくできます。

ただですね、注意点としてこれだけは気を付けて下さい。

細かい小さなパーツも多数入っているので、乳児などのお子さんがいる場所では組み立てないでください。

誤って飲み込んじゃうと大変なことになります。

余談ですが、自分の子どもは2歳ごろに小さいおもちゃを鼻の穴に突っ込んで抜けなくなったことがあります。

病院へ連れていき、耳鼻科の先生に怒られました。

レゴ(LEGO) ブーストアプリとは

組み立てたブロックを動かすためにはアプリが必要です。

アプリはiOSならAppstoreからAndroidはGoogleplayからダウンロードしてください。

iOSとAndroidもOKとなっていますが、Androidは繋がらないという現象が多く寄せられています。

また、Bluetoothの接続にも不満を漏らすユーザーが多くいます。

これらを解決する手立てとして心臓部となるパーツのファームウェアの更新で解決した事例があります。

こうなると、サポートの必要性が増していきます。

レゴブロックは、小さい子どもから楽しめる優れた玩具ですが、このシリーズはアプリとの相性が微妙な感じです。

購入後にトラブルがあっても具体的な症状をサポートへ連絡し、対処を行ってください。

ロボットプログラミング 得られるものとは

ロボットプログラミングは、ロボットを正しく組み立ててプログラミングを行い動作させます。

第一段階では、ロボットを組み立てますが、それには順番があります。

物事には順番があり、それを間違えると組み立てられないということを学びます。

ちゃんと考えて組み立てないとダメだよと言うことですね。

難しく言うと「論理的思考」と「創造力」を鍛えることと同じです。

これらを通して、何度も組み立てを行うとどうなるか。

我が家では、レゴブロックを購入したんですが、最終的に自分で考えて組み立てるようになりました。

購入した時期は、子どもが3歳くらいの頃です。

購入したのはバケツに入ったブロックです。

結果として3歳から高校2年生まで、このブロックのお世話になりました。

おかげで、製造開発の会社に入り、設計の仕事をしています。

たかがブロックですがされどブロックです。

当時は、子どもにプログラミングはさせていませんでしたが、戦隊ものシリーズのロボットなどを自身が考えながら組み立てて遊んでいました。

組み立てが終わると見せに来ては動作を説明してくれました。

回を重ねるごとに完成度が高くなり、創造力には驚きました。

ロボットプログラミングで得られるものは、”思考力”と”創造力”が培われます。

そして物事を順序だてて考ええるようになり、自分で解決することを覚えます。

とは言え、高価なロボットプログラミングの購入に躊躇している方は、まずはレゴブロックをお勧めします。

レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス プラス 10696 35色のブロックセット 4歳以上の全ての男の子女の子におすすめ